虎ノ門蒸留所 COMMON 500ml

虎ノ門蒸留所の全てのベースとなるレギュラー・ジンの名前は
- COMMON(虎門)-

読んで字のごとく虎ノ門から来ておりますが、commonの[一般の、広く知れ渡った]という意味や、common sense, common placeで使われるような[共通の][開かれた、みんなの]といったところからイメージして名付けられました。

良いお酒の持つオーセンティックな雰囲気はありながらも、どこか新しさを感じさせるようなラベルデザイン。モチーフになっている白虎は、江戸城における四神相応で大道(東海道)へつながる虎ノ門、その由来とされる神獣です。

東京でつくる、日常酒

2020年 4月吉日 虎ノ門蒸留所が始まりました。
虎ノ門蒸留所は、これから新しくオープンする「虎ノ門横丁」の中にあります。
私たちが数年かけて全体プロデュースとしても参加させていただいたプロジェクトから派生し、
生まれた場所です。東京、そしてビルイン型の蒸留所としては日本で初めての試みと思われます。
シグネチャーとなるレギュラー・ジンの名前は、「COMMON(虎門)」
TOKYO LOCAL SPIRITSをコンセプトに、東京の島焼酎をベースに、ジュニパーベリー、チコリルートで香付け、仕上げに青梅の山合いの湧き水で整えました。

 
 
  • 5,500円(本体5,000円、税500円)