ジャパニーズビター 檜 The Japanese Bitters HINOKI 27% 100ml

“The Japanese Bitters” HINOKI 27%  100ml
当店からの出荷は7月24日以降となります。

ジャパニーズビターズに待望の新フレーバー 檜(ひのき)発売!!
〜The Japanese Bitters〜 
今回は純国産ジャパニーズビターズの待望の新定番商品となります「檜」をご案内致します。ジャパニーズビターズの発売開始から約1年が経ち、現在約15カ国で販売され、多くの店舗様、バーテンダーやシェフの方々、さらにはご家庭で愛用して頂いております。

最近ではあのカクテルバーの聖地として知られるイギリスはロンドンのSAVOYホテルのバーのカクテルメニューに掲載される事が決まりました。これからますます世界中で注目を浴びるであろうジャパニーズビターズですが、多くの方々から新フレーバー発売のご要望があり、遂に日本が誇る伝統木材である檜を使用したビターズが発売されました。約1年前から試作にとりかかり、試行錯誤の上、檜が持つアロマの香りとフレーバーを最大限に抽出することに成功しました。ヒノキの香りには、自律神経の副交感神経に作用し、脳内のα波の発生を促し、呼吸を正常に整え、不眠を解消するなど、体に良い作用があることが明らかにされています。

東京の林業地として知られる多摩の自然に恵まれた環境で自生している檜を100%使用、国産アルコール、水と共に低温真空抽出法によりじっくり抽出しました。使用用途は主にカクテル、中でもジントニックやハイボールなどジン、ウィスキーベースのカクテルや、焼酎などの和酒、ラム、テキーラ、ビールなどに加えても面白いです。また、シンプルにソーダやトニックウォーターに加えるだけで檜香るアロマティックな炭酸水としてもお楽しみ頂けます。「ヒノキ香る○○カクテル」というような形で是非活用してみて下さい!パッケージはすでに発売の3種類同様、日本を代表する水墨画デザイナーの相良氏のデザインです。

和紙をベースに掛け軸をイメージして、フレーバーのイラストと書体が筆のみで描かれています。製造場は東京近郊の千葉県にある民家を改築し、製造からボトリングまでひとつひとつ手作りされています。製造者は当社の定番商品であるボビーズジンのアジアブランドアンバサダーでもあるJCC AGENT代表の山崎勇貴氏です。

お酒は二十歳になってから。未成年者の飲酒は法律で禁じられています。 未成年者への酒類の販売は行っておりません。 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響する恐れがありますので注意しましょう。 飲酒運転は法律で禁じられています。

  • 2,700円(内税)