AMRTA アムリタ ジン 1-3

2021年10月1日発売の山梨県甲府市塩山の
クラフトジンの蒸留所です。

https://m.facebook.com/geekstill/

山口県の純米酒をベーススピリッツに、
ジュニパーベリーと葡萄の花の2種のみから作られるヴィンテージ表記の入った珍しいクラフトジンです。
記念すべきファーストバッチからお取り扱いをさせて頂きます。

47のボタニカルにはNo.が振られていて、
基本、同じ材料の組み合わせでは商品化されないとの事です。商品名はサンクリット語でAMRTA アムリタです。万能薬、不老不死を意味するそうです!

生産者資料

「AMRTA」アムリタと読みます。
サンスクリット語で不老不死、万能薬、霊薬、ソーマ、甘露、エリクサー、賢者の石などを意味する。
原語の「アムリタ」は不死、あるいは神々がそれを求めて常用した不死を与える飲料を意味する。
仏教では、「AMRTA-DIVARA」甘露門や「AMRTA-PURA」甘露城などの用例に見るように、古くから「NIRVANA」涅槃を意味しました。
飲み手の万能薬になるようなお酒を創りたいという思いでネーミングしました。

【原料の蒸留酒】
全部はお話し出来ませんが、原料には某酒造会社様に依頼し、混じりけなしの
全量山田錦を使った純米酒を単一蒸留してスピリッツの状態で納入していただいております。
純米酒から蒸留した純国産で尚且つお米由来の蒸留酒100%を贅沢に使っております。
【ボタニカル】
入手不可な物以外は、極力地元の山梨県で調達しております。ブドウの花は、全て地元甲州市で収集したモノです。他にもブドウの皮や桃、梅、カリン、梨、桜、金木犀、等々、税務署に届けている種類は
全47種類ありそれぞれのボタニカルにナンバーを付けて管理しています。
製品ラベルにスタンプしているナンバーがブレンドされているボタニカルとなります。
【製造方法】
浸漬法で原料の蒸留酒に香りを付けます。
より繊細な香りを抽出するために、減圧蒸留を用いて超低温の30度で蒸留を行います。
ボタニカルごとに単一蒸留を行い、抽出した液体をブレンドしています。
ブドウの花の蒸留方法は特許出願しております
【持続可能な社会への取り組み】
山梨県はフルーツ王国という顔の裏側には、出荷基準に満たない果物の大量廃棄の問題が潜んでいます。我々が必要としているボタニカル素材は、傷や変形等は一切問題がありませんので、出荷基準に満たない果物も多く採用させていただいております。廃棄全てを無くすなどとおこがましいことは言いませんが、
農家さんが苦労して育てた果物の廃棄が多少でも減る事に協力できればと考えています。
※ボタニカル素材の選別やクリーニング、ボトルキャップの仕上げ等を障害者支援施設に委託しています。
ハンディキャップのある方々の力を借りて、この製品は創られています。
  • 4,950円(本体4,500円、税450円)