ティーリング21年 1999 スリーリバーズ向けシングルカスク ラムカスク No.5458 700ml / 52.3%

ティーリング1999 21年熟成は、毎年発売しているシングルカスクの最新リリースで、もちろん日本市場(スリーリバーズ)向けの記載もラベルにあり、しかもカスクストレングスでの瓶詰めです。

1990年代ラストビンテージである1999年も、ティーリングらしいフルーティーでセクシーなテイストが充分に堪能できました。今回の熟成年数は21年ですが、今後は2000年代前半の蒸留も熟成20年オーバーとなります、2000年代ビンテージの20年オーバーがどのようなテイストになるか非常に楽しみです!

---テイスティングコメント---
色はゴールデンカラー、香りはマンゴーバニラアイス、ローズティー、ライチキャンディー、ピーチ、ボディは上品で甘いフローラル、マンゴーバニラ、グレープフルーツキャンディー、フィニッシュは優しい柑橘ピールのビターが心地よく続く。

---TEELING / ティーリング ---
ティーリングウイスキー社はアイルランドのダブリンに本拠を構えるインディペンデントボトラー(独立瓶詰業者)です。アイリッシュウイスキーのブランド大手メーカーによる寡占化が進む中で、大手に属さない独立した会社として、消費者に多様な選択肢を提示する機会を与えるべく設立されました。2012年にビーム社がクーリー蒸留所を買収したころから、このティーリング社はスタートしました。アイリッシュウイスキー業界にアイルランドの独立の気運を再び取り戻そうと、当時のクーリー社の社長であったジャック・ティーリング氏が、ハンドクラフト&スモールバッチのアイリッシュウイスキーを作るべく、クーリー蒸留所を離れて新たに設立したのです。アイルランドの蒸留所と樽の供給に関する契約を結び、今後使用する樽を長期にわたり確保することに成功。しかし、その後の展開を考え自ら蒸留することもすでに計画されています。(輸入元案内より)
  • 36,300円(本体33,000円、税3,300円)